エネオスカードの選び方

エネオスカードの選び方

○エネオスカードの選び方

エネオスカードには、キャッシュバックタイプのエネオスカードC、ポイントタイプのエネオスカードP、定額割引きタイプのエネオスカードSがあります。定額値引きは基本的にどのようなサービスでも還元率は一定ですが、キャッシュバックはサービスの利用金額に応じて、ポイントはサービスの利用内容に応じて還元率が変わってきます。還元率が変わればもちろん還元額の順位が入れ替わることもあるでしょう。そのため、エネオスカードの発行を希望する際には、どれくらいエネオスカードを利用するのか、どのようにエネオスカードを利用するのかの計画を事前に立てておき、その計画においてもっとも還元額が高いエネオスカードを選ぶのがもっとも賢い選択法と言えます。

○3つのエネオスカードの使用例

利用計画を事前に立てたら、3つのエネオスカードにおける管弦楽の計算を行います。月間の給油額が24,000円、その他の利用額が50,000円という場合、エネオスカードCの還元額は1年間で12,600円、エネオスカードPの還元額は8,640円+3,600円=12,240円、エネオスカードSの還元額は3,600円+3,600円=7,200円となります。月間の給油額が5,920円のみという場合、エネオスカードCの還元額は1年間で444円、エネオスカードPの還元額は2,131円、エネオスカードSの還元額は888円となります。

○ヘビーユーザーにはエネオスカードCやエネオスカードP、ライトユーザーにはエネオスカードSがおすすめ

エネオスカードCとエネオスカードPは2年目以降は1,250円の年会費が発生するため、還元額から年会費を差し引くとマイナスになってしまうこともあります。エネオスカードCやエネオスカードPはカードの利用金額が大きく利用頻度も多いヘビーユーザーにおすすめです。エネオスカードSは1回以上の使用で次年度の年会費が無料になります。還元額は低いものの、確実にポイントを溜めることができるのでライトユーザーにおすすめです。エネオスカードの公式サイトにはシミュレーションを通じて最適なエネオスカードを提案してくれる『カード診断』のサービスを行っているので、興味がある方はそちらを利用してみるといいでしょう。