ETC車載器のバリエーション

ETC車載器のバリエーション

○ETC車載器とは

ETC車載器は、車にETCを導入するために必要になる装置のことです。ETC車載器はさまざまなメーカーからさまざまなラインナップが発売されています。搭載されている機能もそれぞれに違いがあり、価格も安いものならば5,000円程度、高いものなら20,000円以上と幅があります。

○ETC車載器のバリエーション

ETC車載器は大きく分けると、本体とアンテナが一体化している2ピースタイプ、本体とアンテナが分離している3ピースタイプ、ETC車載器と自動車が一体化しているビルトインタイプという3つのバリエーションがあります。

○それぞれのETC車載器のメリット

2ピースタイプは簡単に取り付けることができ、ETCカードの出し入れもしやすいのがメリットです。しかし、通信の関係により、ダッシュボードなどの目立つ場所に設置しなければならないこともあります。

3ピースタイプは現在主流となっているETC車載器です。2ピースタイプのデメリットを解消しており、これといったこだわりがない場合いには3ピースタイプを選んでも問題ないでしょう。3ピースタイプはスタンドアローンタイプとカーナビタイプに分けられます。スタンドアローンタイプは単独動作するタイプでカーナビなどの機能は搭載されていませんが、コストパフォーマンスに優れています。カーナビタイプはETC車載器とカーナビの機能が連携しており、各種音声案内の他、カーナビのディスプレイに過去のETCの利用履歴やインターチェンジの利用履歴を表示することができるものもあります。

ビルトインタイプは車のオプションパーツとして、トヨタ、ダイハツ、マツダ、日産などのディーラーで提供されています。ビルトインタイプならば他のタイプと比べて車内をスッキリさせることができます。ビルトインタイプは3年間の長期間保障がついているのもメリットです。